外国人自動車整備技能実習評価試験

神戸の自動車整備会社のメンバーが外国人自動車整備技能実習評価試験を受けました。

外国人自動車整備技能実習評価試験とは技能実習生1号から2号になるために必ず受けないといけない試験です。

試験は学科試験と実技試験があります。

試験対応については毎週2回の勉強を行いました。

たまたまベトナムで2年ぐらい日本語教師として働いていたスタッフがいらっしゃって技能実習生に試験内容を教えてくれました。

試験を受ける前は、会社の方も実習生たちも緊張していました。不合格なら再試験を受けて、それでもダメなら帰国しなければならないからです。

みんなはよく頑張って、努力しましたので全員が合格しました。

試験が終わった後、すぐに結果を教えて貰えたのでほっとしました。

これから技能実習生2号になって日本であと2年間働き続けます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider