技能実習生を受け入れるための流れ

受け企業が外国技能実習生を受け入れたい場合順番の流れをご紹介させていただきます

① 求人票を貰う:受け入れ企業からいただきの求人票を送り出し機関に送って実習生を募集します

② 1ヶ月後 ベトナムで 面接を行います

  • 体力チェック
  • 計算問題
  • グループワーク
  • 面接

3名を採用したい場合4名まで残します

③ 家庭訪問: 会社案内や実習生の両親が実習生として日本に来ることに賛成しているかなどを確認する

④ 軍事訓練

一週間後 最終3名に絞り込む

⑤ 日本語勉強をセンターで行う

6ヶ月から9ヶ月

毎月日本語チェックと人間関係をチェックする

現地での面談、スカイプでのチェック

⑥ 入国

1ヶ月研修:研修センターで日本語や日本の文化、日本の基礎な法律を勉強する

土曜日・日曜日 休みを利用して受け入れ企業に訪問

電車の乗り方などを教えながら、大阪観光

⑦ 実習生を受け企業へ配属

 

受け入れ企業の仕事を説明します

腹筋、腕立てなどの体力チェック

計算問題

グループワーク

体力、計算問題、グループワークをチェックして絞り込んでから残す人に面接する

家庭訪問:両親の意見を確認する

一週間の軍事訓練終わってから実習生を絞り込んで合格実習生が日本語勉強をセンターでします

毎月スカイプで日本語をチェックします、それと人間関係もチェックします

入国する時関空まで実習生を迎えに行く

1か月間 研修センターで日本語、日本の文化、基礎な法律を勉強する

 

研修センターで勉強するうちに一回電車の乗り方を教えながら大阪観光しに行きます

1か月間の研修終わってから受け入れ企業へ配属します。会社での挨拶です

配属日に住所変更、銀行口座を作ります

実習生に買い物と家電製品の使い方を案内すます