特定技能制度がスタートしました!

日本政府は2019年4月1日から新しい在留資格「特定技能」がスタートします。企業様にとって外国人労働者の本格的な受け入れが可能になります。

企業様はご存知でしょうか?

特に深刻な人手不足とされている14種類の職種のために創設された制度です。

受け入れ企業については特に審査などはないのですが一定の基準を満たしている必要があります。(外国人本人が在留資格申請の審査の際に確認される)

特定技能外国人を受け入れる基準として発表されているのは、特定技能雇用契約に関する基準,特定技能雇用契約の適正な履行に関する基準,支援体制に関する基準,支援計画に関する基準を満たす必要があると記載されています。

労働関係法令や社会保険関係法令についてだけでなく、特定技能外国人に対する支援体制や支援計画及びその支援の実行を適切に行わなければなりません。

支援計画には専門的なこともあり受け入れ企業様自身で行うのは難しいと思います。

そんな受け入れ企業様のために当組合は、そのすべての支援内容を受け入れ企業様に代わって当組合が実施・支援をさせていただこうと思っています。

なので、支援について悩んでおられる企業様はぜひ当組合へご連絡頂ければお力になれますので、ご連絡のほうよろしくお願いします!!

 

 

法務省が出している資料もございます。下記をご参考ください。

受け入れ機関向け特定技能ー受け入れ機関向け

外国人向け特定技能-外国人向け

 

その他何かございましたらお気軽にお問い合わせください。072-782-5553 (担当者:半田)