技能実習生を受け入れるための流れ

受け企業が外国技能実習生を受け入れたい場合順番の流れをご紹介させていただきます

① 求人票を貰う:受け入れ企業からいただきの求人票を送り出し機関に送って実習生を募集します

② 1ヶ月後 ベトナムで 面接を行います

  • 体力チェック
  • 計算問題
  • グループワーク
  • 面接

3名を採用したい場合4名まで残します

③ 家庭訪問: 会社案内や実習生の両親が実習生として日本に来ることに賛成しているかなどを確認する

④ 軍事訓練

一週間後 最終3名に絞り込む

⑤ 日本語勉強をセンターで行う

6ヶ月から9ヶ月

毎月日本語チェックと人間関係をチェックする

現地での面談、スカイプでのチェック

⑥ 入国

1ヶ月研修:研修センターで日本語や日本の文化、日本の基礎な法律を勉強する

土曜日・日曜日 休みを利用して受け入れ企業に訪問

電車の乗り方などを教えながら、大阪観光

⑦ 実習生を受け企業へ配属

 

受け入れ企業の仕事を説明します

腹筋、腕立てなどの体力チェック

計算問題

グループワーク

体力、計算問題、グループワークをチェックして絞り込んでから残す人に面接する

家庭訪問:両親の意見を確認する

一週間の軍事訓練終わってから実習生を絞り込んで合格実習生が日本語勉強をセンターでします

毎月スカイプで日本語をチェックします、それと人間関係もチェックします

入国する時関空まで実習生を迎えに行く

1か月間 研修センターで日本語、日本の文化、基礎な法律を勉強する

 

研修センターで勉強するうちに一回電車の乗り方を教えながら大阪観光しに行きます

1か月間の研修終わってから受け入れ企業へ配属します。会社での挨拶です

配属日に住所変更、銀行口座を作ります

実習生に買い物と家電製品の使い方を案内すます

C会社の技能実習生配属

C会社は東京にある受け入れ企業です。初めて夜行バスで技能実習生を配属しました。翌日の朝に新宿駅に着いてから会社までレンタカーで行きました。会社へ行く間に実習生が凄く緊張していました。

会社の寮は広くて、一人が一つの部屋です。お風呂やトイレがとても綺麗です。会社の人に寮の使用の仕方を案内して貰ってから市役所へ住所を変更しに行って、口座も作りました。

その後エンジニアとしてC会社で働いてるトアンさんがみんなを牛丼を食べに連れて行ってくれました。いい先輩がいますので色々なことを教えて貰えて本当に安心しています。

現在、会社に11人のベトナム技能実習生とエンジニアが楽しく働いています。これから彼らには先輩たちと仲良く、仕事も頑張って貰いたいと思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

日本の交通や文化を体験します。

先日、1か月間の講習中の技能実習生から「入社する前に何処かに遊びに行きたいです」という希望を受けました。弊社は受け入れ企業へ連絡して協力をお願いし、難波道頓堀や大阪城公園へみんなを連れて行くことにしました。

伊丹市にある受け入れ企業の専務様も一緒に行きました。技能実習生に電車切符の買い方とか発車案内表示器の見方などを説明しながら教えました。ベトナムには電車がないので今回は初めてみんなが電車を体験して嬉しがりました。

心斎橋駅から道頓堀まで歩きながら商店街を見て楽しそうでした。せっかく大阪へ行くので大阪での有名な食べ物を食べて貰いたいのでくれおーる店でたこ焼きの作り方を見てからたこ焼きを賞味しました。

その後は記念写真をたくさん撮りました。

昼ごはんはたこ焼でした。実習生たちは初めてお好み焼きを食べて、みんな美味しいと評価しました。

食べてから大阪城公園へ移動してここである豊國神社の神様に「3年間日本で無事に仕事が出来るように」という事をお祈りしました。ベトナムと日本のお祈りの仕方が全く違います。お祈りの手順を教えて体験させました。

大阪城公園を観光しながら昔の歴史も説明してみんなが昔の日本人が凄いですねと言いました。

観光が終わった後、実習生たちは「色んなことを勉強できて、有名な料理を食べて、有名なところへ行けてとても嬉しいです。協同組合と受け入れ企業が私たちを大事にしてくれて感動しています。」と言っていました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

ベトナムの優秀な大学を訪問します

ベトナムでも最高峰の大学2校

ハノイ国家大学人文社会科学大学
ハノイ国家大学外国語大学に訪問させて頂きました。

後もう一つ日本に1番留学生を送り出しているICOグループに訪問させて頂きました。

今回の訪問の目的は兵庫県にある大学からの依頼で、兵庫県の大学がベトナムからの優秀な学生に留学してもらう事によって、学校の活性化に繋げたいと言う依頼の下調べに行ってきました。

ハノイ貿易大学とハノイ大学は今回タイミングが合わず訪問出来なかったですが、来月バッチリ訪問します。

ハノイにある優秀な大学を訪問した後、ホーチミンへ移動してホーチミンにある国家大学人文社会科学大学も訪問します。

Arrow
Arrow
Slider

外国人自動車整備技能実習評価試験

神戸の自動車整備会社のメンバーが外国人自動車整備技能実習評価試験を受けました。

外国人自動車整備技能実習評価試験とは技能実習生1号から2号になるために必ず受けないといけない試験です。

試験は学科試験と実技試験があります。

試験対応については毎週2回の勉強を行いました。

たまたまベトナムで2年ぐらい日本語教師として働いていたスタッフがいらっしゃって技能実習生に試験内容を教えてくれました。

試験を受ける前は、会社の方も実習生たちも緊張していました。不合格なら再試験を受けて、それでもダメなら帰国しなければならないからです。

みんなはよく頑張って、努力しましたので全員が合格しました。

試験が終わった後、すぐに結果を教えて貰えたのでほっとしました。

これから技能実習生2号になって日本であと2年間働き続けます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

神戸の自動車整備の2回目面接

去年、ベトナム技能実習生の3人を採用して頂いた受け入れ企業様が実習生を高く評価してくださいました。今年も実習生を採用したいとのことだったので、先日ベトナムへ面接しに行きました。

今回はハノイ工業大学の今年卒業メンバー6名から実習生2名+補欠1名を無事採用していただきました。みんなの顔が明るくて、やる気も強く見えます。

前回来た時にベトナムが好きになり、奥様にもベトナムを見せたいと言う事で今回は夫婦で訪問していただきました。

ベトナムの事を好きになって頂けて嬉しいのと新婚旅行に行けていなかったそうなので、2人で久しぶりに旅行気分も味わえて本当によかったと喜んで頂けました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

自治会清掃作業

先週の日曜日に実習生が住んでいる家の近所の皆さんと一緒に清掃作業を行いました。

自治会は毎年町の掃除を行っています。初めて外国人の2人が一緒に参加しましたが彼らの頑張りを誉めてくださいました。

草刈り機や鎌などをうまく使用することが出来ましたし、みんなと一緒に清掃して実習生も楽しいと言いました。

この町の人はお年寄りが多く青年は彼らだけでしたので自治会の方に大変喜んでくれました。

実習生は自治会の方に対して自分のおじいさん、おばあさんみたいに優しく接し熱心に清掃しました。

技能実習生が今度から住んでる町にもっと貢献したいと言っていました、本当に素晴らしいベトナム人技能実習生です。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

弊社がご紹介させて頂きましたエンジニアさんが結婚しました。

弊社がご紹介させて頂きましたエンジニアのギアさんが先日結婚をしました。弊社でご紹介させていただきましたのが半年ぐらい前で、入社してからも仕事をよく頑張っていました。先月にベトナムへ帰って素晴らしい結婚式を行いました。すぐに奥さんを日本へ呼んできて一緒に生活するみたいです。

本当にめでたいご報告に私も嬉しい気持ちでいっぱいです。

外国人は就労ビザとして日本で働いたら自分の奥さんか、旦那さんを呼べます。又は、奥さん、旦那さんがアルバイトとして1週28時間以内で働けるという法律があります。

ギアさんは奥さんを迎えるため大きな家を探し、運転免許を取り、その他いろんなことを準備しています。ギアさんの奥さんも日本で生活が困らないように一生懸命日本語を勉強しているみたいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

ハノイ工業大学の中にある送り出し機関 LETCO

LETCOでの日本語教育については

技能実習生の面接をして合格した後は入国まで朝から晩までしっかり日本語の勉強をします。日本への入国前に日本語検定(N4)を取得することが出来ます。

質の高い教育をするには、何より教師の質が高くなくてはなりません。LETCOが目指しているのは、日本人さながらの発音ができ、日本人に近い心を持った教師の育成です。

教師たちは技能実習生が日本語を勉強しやすく、よく理解できるようにするために色んな方法を考えました。例えば、日本語という言葉は、ベトナム人にとって最も難しいといっても過言ではない外国語です。習得上で、表現の方法や感受性の違いなどを日本人を通じて観察させ、まずN5レベルの問題を通して日本語という言語を知り、N4で理解して使ってみるという順序で学習させています。授業中や自習時間も含め、学生同士の会話も日本語を使うよう指導。日本人の発音を繰り返し聞きながら正しい発音に近づけるよう練習しています。

LETCOでは勉強だけではなく学生の体力も大切だと考えています。日本で働く間に健康が一番大事なことなので毎日実習生に体操をさせています。

LETCOは日本の受け入れ企業と技能実習生から熱い信用を得ています。約4万人の学生がハノイ工業大学にいますので、卒業生や一般応募の方を含めて、皆様に良質な人材を安定的にご紹介させて頂いております。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

 

真面目な技能実習生

ある受け入れ企業様のところへ訪問するとそこで勤務している技能実習生の二人が塗装作業をしていました。みんな始めてペンキを使って作業をしていたのですが、綺麗に塗れていると受け入れ企業の社員さんたちが褒めてくれました。

実習生の二人の服にはペンキがたくさんついていました。受け入れ企業の社長が「ペンキがたくさんついたのは一生懸命働いてた証拠です。汚れたつなぎが勲章です。良い仕事をした証です。」と言いました。

実習生もいい経験出来て、汚れたつなぎを捨てずに記念にしますと言いました。受け入れ企業の社長、社員さんたちが実習生の努力を認めてくれていてとてもうれしいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

 

C株式会社の技能実習生

去年、関東にある技能実習生を受け入れる予定の会社の社長様がベトナムへ行き、面接をしました。面接に参加する12人の中から一番優秀な4人を選び、その4人みんなの家に訪問に行きました。実習生の両親がその社長様の姿を見て、とても安心な顔をしていました。

日本の実習機構と入国管理局の許可を申請しているうちに、実習生たちは送り出し機関で一生懸命日本語と日本の文化を勉強しています。

実習機構と入国管理局から許可が取れるのは約半年かかるので、許可がおりると実習生たちが入国することが出来ます。

実習生だけでなく受け入れ企業、当組合も無事に許可がおり、入国できるのをとても楽しみにしています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生の庭

先月、実習生たちが庭で植えた苗が毎日丁寧に育てられている為どんどん成長しています。彼らのほとんどが農家の出身なので農業作業が出来ます。だからみんなにとって野菜を育てるのはとても簡単だそうです。

カボチャは果実が出て来ています。唐辛子も花が出てるのでもう少しで果実が出来ると思います。なすびとトマトは果実が出てるので収穫まで2か月~3ヶ月だと思います。ルッコラについては凄く早く成長していて、もう収穫することが出来ました。実習生たちは、作ったルッコラを受け入れ企業の社員さんにあげていました。社員さんたちはとても美味しいと言っていました。

ベトナムでは、熱帯気候の国なので年中野菜を栽培することが出来ますが、日本は温帯気候の国なので年中野菜を栽培することが出来ません。なのでベトナム人は日本人よりたくさん野菜を食べます。健康のためや節約のために実習生たちはたくさんの野菜を育てたいということで、仕事が終わってからも毎日丁寧に育てています。実習生たちは野菜の成長を見るのがとても楽しいと言っていました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

自動車整備実技試験対応

そろそろ自動車整備技能実習評価試験の日が近づいてきました。この試験は筆記試験のみならず実技試験もあります。実技試験は問題が公開されていますので、受け入れ企業様の社員さんが仕事を終わってから技能実習生に教えて練習をさせています。

せっかく日本へ来て働いてくれているので、絶対に合格するために当組合と受け入れ企業様が実習生のため常に協力しております。現在一週間に2回勉強会を行っております。筆記試験についてはゆっくりと説明して、文章の意味も教えています。実技問題については公開されてる問題に従って詳しく教えて練習をさせています。実習生が分からない、出来ていない部分があれば何回も説明をして、練習して貰います。

技能実習生は試験の大切さを分かっていますので、試験に受かるため必死に努力をしています。

引き続き当組合もサポートしていきたいと思います。

 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

技能実習試験対応

技能実習生1号から2号になるため技能実習試験を合格しなければいけません。

試験は筆記試験と実技試験があります。合格基準は筆記試験と実技試験それぞれ6割以上で合格です。もし不合格だった場合には、もう一度試験を受けることが出来ます。試験の結果が合格の場合、技能実習2号になって2年間のビザを延長すること出来ます。再試験が不合格になった場合は帰国しなければいけません。

実習生の方たちも試験が大切なことはよくわかっていますので、全員に合格してもらうため現在必死に勉強をしています。

ある施設園芸の受け入れ企業様では、過去に教員を目指していた社長様が自ら技能実習生に農業技能評価試験(技能実習試験)を教えていました。さすが、教員を目指していたこともあり社長様の教え方がとても上手で、技能実習生の方たちはとてもよく理解をすることが出来ました。

また、自動車整備の受け入れ企業様では、過去にベトナムで日本語の先生として教えていたことがあるスタッフが自動車整備試験(技能実習試験)を受ける技能実習生の方たちに教えていました。こちらも、先生の教え方が上手で技能実習生たちは早く覚えれました。

技能実習生のみんなは大変よく頑張ってくれています。

試験は6月にあります。全員合格するように引き続きサポートしていきます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

特定技能ビザについて

2019年4月から特定技能制度がスタートしています。

特定技能については「特定技能1号」と「特定技能2号」がありますが「特定技能1号」から「特定技能2号」に移動できる職種が2職種しかありません。その職種は建設業と造船業の二業種です。

弊社が特定技能2号が認められない職種を向いていますので下記の職種の「特定技能ビザ」についてをご紹介させていただきます

特定技能2号が認められない職種はどんなことでしょうか。

下記の職種は特定技能1号の対象となりましたが、特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。したがって、他の就労ビザのように、外国人を長期にわたって例えば定年まで雇用するようなことはできませんので、外国人労働者がどんなに優秀であっても、「後継者」になってもらうことはできません。あくまでも日本人である就業者のサポート役にとどまります。

もし今後、下記の職種在留資格「特定技能2号」の対象になれば、2号は滞在に期限がありませんから、同じ外国人を長期にわたり雇用し後継者にすることもできますが、現在のところ2号の対象は建設業と造船業の二業種にとどまる予定で、下記の職種は含まれていません。

特定技能2号が認められない職種はどんなことでしょうか。

下記の職種は特定技能1号の対象となりましたが、特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。したがって、他の就労ビザのように、外国人を長期にわたって例えば定年まで雇用するようなことはできませんので、外国人労働者がどんなに優秀であっても、「後継者」になってもらうことはできません。あくまでも日本人である就業者のサポート役にとどまります。

もし今後、下記の職種在留資格「特定技能2号」の対象になれば、2号は滞在に期限がありませんから、同じ外国人を長期にわたり雇用し後継者にすることもできますが、現在のところ2号の対象は建設業と造船業の二業種にとどまる予定で、下記

の職種は含まれていません。

 

在留資格 特定技能

  1. 外食産業における在留資格「特定技能ビザ」について 

  • 大規模な飲食チェーンには国内の留学生のアルバイト組を卒業後にフルタイム雇用に切り替えることに加えて、海外からの直接大量採用も選択肢として検討されています。海外からの招聘は国内アルバイト組からの切り替えよりもハードルが高くなりますが、これは日本語能力テストが含まれる特定技能試験の合格者でなければ特定技能1号で採用することができないからです特定技能1号では、5年の雇用期間が満了すると、その外国人を引き続き雇用する手段はありませんので、帰国していただくこととなります。そこで図2のように、1期生を受け入れた翌年に2期生を受け入れることで、途切れることなく外国人従業員を補充することが各企業内で検討されています。

 

在留資格 特定技能

  • 小規模な飲食店には、海外から外国人従業員を招聘することはあまり現実的ではないかもしれません。しかしながら、すでにアルバイトとして働いてくれている外国人留学生を特定技能1号でフルタイム雇用に切り替えることは今後多くみられるようになります。留学ビザから特定技能1号ビザへの変更は、日本語能力の確認を含む特定技能試験に合格しなければ許されませんが、留学生であればN4レベルの日本語能力はすでに有していることが多いです。

② 特定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は外食業分野の第2号技能実習を終了した者

(1)技能試験  「外食業技能測定試験(仮称)」※2019年4月より日本国内とベトナムにて実施予定(2019年1月25日現在)

(2)日本語試験 「国際交流基金日本語基礎テスト」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務:調理、接客、店舗管理すべてが対象とされています

 

 

  1. 農業(法人ー農家)における在留資格「特定技能ビザ」について

① 農業は、特定技能1号の対象となりましたが特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。

農業は「耕種農業」と「畜産農業」とが技能実習の対象となっています。そして、この技能実習の修了者は、「耕種農業」「畜産農業」双方ともに特定技能1号へ移行することができます。

そうすると、技能実習での3年と特定技能1号での5年、通算8年間、日本で農業に従事できることとなります。

②  特定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は農業分野の第2号技能実習を終了した者

 

(1)技能試験  「農業技能測定試験(仮称)(耕種農業全般)」

「農業技能測定試験(仮称)(畜産農業全般)」

(2)日本語試験 「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務

外国人が従事できる職務は、合格した試験区分に対応しています。

 

「農業技能測定試験(仮称)(耕種農業全般)」に合格した外国人は、耕種農業における栽培管理、農産物の集出荷・選別等の仕事に従事することができます。

 

「農業技能測定試験(仮称)(畜産農業全般)」に合格した外国人は、畜産農業における飼養管理、畜産物の集出荷・選別等の仕事に従事することができます。

 

  1. 素形材産業における在留資格「特定技能ビザ」について  

①素形材産業は、特定技能1号の対象となりましたが特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。

素形材産業は技能実習2号の対象となっています。そして、この技能実習の修了者は、特定技能1号へ移行することができます。

素形材産業技能実習生からの移行組が多くを占めるとみられていますがそのあと、少しいずつ海外から直接労働者を招聘することも行われるようになります。

② 特定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は素形材産業分野の第2号技能実習を終了した者

(1)技能試験  「製造分野特定技能1号評価試験(仮称)」

(2)日本語試験 「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務:鋳造、鍛造, ダイカスト、機械加工,金属プレス、工場板金、めっき、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、機械検査, 機械保全、塗装、溶接

 

  1. 産業機械製造業における在留資格「特定技能ビザ」について 

産業機械製造業は特定技能1号の対象となりましたが特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。

産業機械製造業は技能実習2号の対象となっています。そして、この技能実習の修了者は、特定技能1号へ移行することができます。

そうすると、技能実習での3年と特定技能1号での5年、通算8年間、日本で産業機械製造業に従事できることとなります。

産業機械製造業技能実習生からの移行組が多くを占めるとみられていますがそのあと、少しいずつ海外から直接労働者を招聘することも行われるようになります。

② 特定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は産業機械製造業分野の第2号技能実習を終了した者

(1)技能試験  「製造分野特定技能1号評価試験(仮称)」

  • 日本語試験 「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務:

在留資格「特定技能1号」の外国人が従事できる職務は、合格した試験区分に対応しています。

鋳造、鍛造, ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、工場板金、めっき、仕上げ、機械検査、機械保全、電子機器組立て、電気機器組立て, プリント配線板製造、プラスチック成形、塗装、溶接, 工業包装

 

  1. 電気・電子情報連絡産業における在留資格「特定技能ビザ」について 

電気・電子情報連絡産業は特定技能1号の対象となりましたが特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。

電気・電子情報関連産業は技能実習2号の対象となっています。そして、この技能実習の修了者は、特定技能1号へ移行することができます。

そうすると、技能実習での3年と特定技能1号での5年、通算8年間、日本で電気・電子情報連絡産業に従事できることとなります。

電気・電子情報連絡産業技能実習生からの移行組が多くを占めるとみられていますがそのあと、少しいずつ海外から直接労働者を招聘することも行われるようになります。

② 定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は電気・電子情報関連産業分野の第2号技能実習を終了した者

(1)技能試験  「製造分野特定技能1号評価試験(仮称)」

(2)日本語試験 「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務:

在留資格「特定技能1号」の外国人が従事できる職務は、合格した試験区分に対応しています。

機械加工、金属プレス加工、工場板金、めっき、仕上げ、機械保全、電子機器組立て、電気機器組立て、プリント配線板製造、プラスチック成形、塗装、溶接、工業包装

 

  1. 自動車整備業における在留資格「特定技能ビザ」について  

自動車整備業は特定技能1号の対象となりましたが特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。

自動車整備業は技能実習2号の対象となっています。そして、この技能実習の修了者は、特定技能1号へ移行することができます。

そうすると、技能実習での3年と特定技能1号での5年、通算8年間、日本で自動車整備業に従事できることとなります。

電気・電子情報連絡産業技能実習生からの移行組が多くを占めるとみられていますがそのあと、少しいずつ海外から直接労働者を招聘することも行われるようになります。

② 特定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は自動車整備分野の第2号技能実習を終了した者

(1)技能試験  「自動車整備特定技能評価試験(仮称)」又は「自動車整備士技能検定試験3級」

  • 日本語試験 「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務自動車の日常点検整備、定期点検整備、分解整備です。

 

 

  1. 飲食料品製造業における在留資格「特定技能ビザ」について  

飲食料品製造業は特定技能1号の対象となりましたが特定技能1号は日本での就労が通算5年に限定されています。

飲食料品製造業は技能実習2号の対象となっています。そして、この技能実習の修了者は、特定技能1号へ移行することができます。

そうすると、技能実習での3年と特定技能1号での5年、通算8年間、日本で飲食料品製造業に従事できることとなります。

電気・電子情報連絡産業技能実習生からの移行組が多くを占めるとみられていますがそのあと、少しいずつ海外から直接労働者を招聘することも行われるようになります。

② 特定技能1号の在留資格を取得できる可能性がある者は、以下の試験の合格者又は飲食料品製造業分野の第2号技能実習を終了した者

(1)技能試験  「飲食料品製造業技能測定試験(仮称)」

(2)日本語試験 「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」

③ 出来る業務飲食料品製造業全般、飲食料品の製造・加工、安全衛生

 

 

 

定期の日本語をチェックします

技能実習生は日本へ来た際に最初に困ることは?と質問をすると、一番困るのが日本語です、とよく聞きます。

なので、技能実習生が日本に来た際に早く生活と仕事が出来るように、入国前にしっかりと日本語を勉強してもらっています。

また、毎月どのぐらい進歩しているか日本語のチェックも行っています。

送り出し機関から報告して貰う教育報告書を見てみんなの会話能力や言葉の読み方をチェックします。

報告書を見て結果が下がった人には事情を聞き、話をしながら進歩できるように担当の先生とも相談していい勉強方法を決めたりしています。

もしそれでもなかなか進歩しない場合は、入国日を延長し、一定のレベルまで進歩するまで勉強をしてもらっています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生の生活

技能実習生の目的は、技術や知識を実習期間を通じて習得し、母国に帰って役立ててもらうことを目的としています。

その為に実習生達は仕事はもちろんのこと様々な努力をしています。日本語の勉強の為に、毎晩字の練習や日記を書いて勉強をしたりしています。中にはパソコンスキルを勉強している実習生もいます。

ある受け入れ企業では、社員の方が実習生の為に日記をチェックして言葉と文法を教えてあげたり、パソコンの入力の方法を教えてあげています。また、時々料理を作って実習生に食べさせてくれたりもしています。いつも実習生に対して気にかけてくださり、本当に大事にしていただいているんだと感じています。

また、実習生は技術や知識だけでなく、色んな日本の文化や日本人の習慣なども学んでいます。例えば、日本の料理を食べたり、掃除当番を決めて毎日ちゃんと掃除をしたりしています。

気温が暖かくなって野菜のシーズンになりますので、実習生が野菜を植えたいという相談を受けました。

別の受け入れ企業先の実習生が野菜の苗を作っているので、野菜を植えたいと言っている実習生に野菜の苗をプレゼントしました!!

別の実習生が作った苗を違うところで頑張っている実習生にプレゼントすることが出来て、上手に伝えられませんが、とても嬉しい気持ちになりました。

スイカ、茄子、キュウリ、トマト、と色々な苗を植えたので、収穫の時が楽しみです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

 

 

 

人材紹介ーY会社せの事務員を面接します

先日貿易事務、実習生やエンジニアの管理をするスタッフを募集したいと相談を受け高度人材を紹介させて頂きました。

受け企業の希望を受けて求人票を出して沢山の応募したい人の中から優秀な5人を厳選して面接させました。

今回の面接は適性検査、PCのタイピングテスト、手さばきテスト、作文という4つの試験がありました。

みんなが晴らしい学歴で日本語がN2以上、英語がTOIC 700点以上でお話がペラペラしてパソコンスキルもうまかったです。

しっかりと面接していただき1名ご採用頂きました。

誠ありがとうございました。

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Shadow
Slider

U会社に技能実習生を配属します

研修センターでの講習機関が終わって受け企業に配属していましたハーイさんとティンさんです。

彼らが国を離れて強いやる気で日本へ来ましたのでいい顔で入社しました。

配属する時篠山城へ連れて行きました。観察しながら彼らに城のこといろんなことについて説明してあげて、みんなが城の建築と王様の着る物を見て昔日本人が凄いという気持ちがありました。

城でのある神社で仕事とか健康など良くなるように祈願しました。彼らが初めてので祈願し方を知りませんでした、専務さんがゆっくり教えて祈願し方を覚えて貰いました。

さらに、みんなが日本へ来てちょど良かった桜のシーズンで沢山桜と写真を撮影しました。ハーイさんが特別で花が大好きなのでいろんな花の種類を取って日本の花が綺麗ですと言いました。

受け企業の社長様が彼らの生活をしやすいためによく準備しています。毎日、電動自転車で出勤します。みんなが道を覚えるように指導者が連れて行ってとても安心しました。家内に全部新品の家具を買ってもらって、実習生として日本にいる間に日本語とパソコンのスキルが出来るようにパソコンも準備して、毎日日記を書かせます。みんなが社長様の心に凄く感動していました。

家具の使い方と寮規則を案内した後で近所に挨拶しに連れて行きました。彼らは大きな声で礼儀正しく挨拶して、近所たちがほとんど年寄人ですがみんながとても優しくて「困る時言ってくださいね」と言ってくれました。

みんなの住むところは綺麗な環境といい近所の人ばかりなので本当に素晴らしい所だと思っています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

 

 

特定技能制度がスタートしました!

日本政府は2019年4月1日から新しい在留資格「特定技能」がスタートします。企業様にとって外国人労働者の本格的な受け入れが可能になります。

企業様はご存知でしょうか?

特に深刻な人手不足とされている14種類の職種のために創設された制度です。

受け入れ企業については特に審査などはないのですが一定の基準を満たしている必要があります。(外国人本人が在留資格申請の審査の際に確認される)

特定技能外国人を受け入れる基準として発表されているのは、特定技能雇用契約に関する基準,特定技能雇用契約の適正な履行に関する基準,支援体制に関する基準,支援計画に関する基準を満たす必要があると記載されています。

労働関係法令や社会保険関係法令についてだけでなく、特定技能外国人に対する支援体制や支援計画及びその支援の実行を適切に行わなければなりません。

支援計画には専門的なこともあり受け入れ企業様自身で行うのは難しいと思います。

そんな受け入れ企業様のために当組合は、そのすべての支援内容を受け入れ企業様に代わって当組合が実施・支援をさせていただこうと思っています。

なので、支援について悩んでおられる企業様はぜひ当組合へご連絡頂ければお力になれますので、ご連絡のほうよろしくお願いします!!

 

 

法務省が出している資料もございます。下記をご参考ください。

受け入れ機関向け特定技能ー受け入れ機関向け

外国人向け特定技能-外国人向け

 

その他何かございましたらお気軽にお問い合わせください。072-782-5553 (担当者:半田)

 

 

受け入れ企業を見学します

技能実習生を自動車整備の受け入れ企業を見学しに連れて行きました。

皆の想像以外企業が広くて、何百台の車が揃えています。

今度から一緒に仕事をする社員さんに挨拶して顔を覚えて貰いました。

みんながとても優しく笑顔で技能実習生を迎えていい感じでした。

挨拶終わった後で受け入れ企業の社長様に仕事内容とか工場を案内して貰いました。

実習生たちの住むところも見に行ってめっちゃくちゃ綺麗な自宅で中の物が全部新品でした。

受け入れ企業の社長様が「技能実習生にベトナムへ帰りたくないという考えさせてほしいのでよく準備しています」

と言ってくれて本当に感動しました。

 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

外国人の新たな受け入れ制度「特定技能」

日本の人材はだんだん減ってきて大問題になっています。この問題を解決する為に政府が新たな外国人の方を受け入れる制度を作りました。今回の新制度はどんな内容なのか?現在弊社のグループのインターナショナル協同組合で行っている技能実習生の制度と何が違うのか?

今回兵庫県でその新制度についての説明会があったので参加することにしました。

現在、弊社は協同組合で技能実習に関する仕事をしていますが、今回の新制度とは全く違うものになります。今回の新たな制度は、「特定技能」と呼ばれるものになります。

違いについて、それぞれの目的を説明します。技能実習は、日本で培われた技能、技術または知識を開発途上地域等へ移転し、その開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという目的なので、労働力として考えてはならないとされています。

しかし、新たな制度の「特定技能」は外国人労働者としての在留資格です。日本国内の人材不足が深刻な業種の労働力の確保のため新しく作られた制度になります。前文で説明しました日本国内の人材不足が深刻な業種についてのみこの新制度が認められています。

この新制度に該当する業種を「特定産業分野」と呼ばれているのですが、全部で14分野になり、

①介護

②ビルクリーニング

3素形材産業

④産業機械製造業

⑤電気・電子情報関連産業

⑥建設

⑦造船・舶用工業

⑧自動車整備

⑨航空

⑩宿泊

⑪農業

⑫漁業

⑬飲食料品製造業

⑭外食業

の上記のものになります。

技能実習と比べると該当分野がとても少なくなります。ですが、その業務に従事する日本人が通常従事することとなる関連業務に付随的に従事することは差し支えないとされています。例えば、飲食料品製造業では飲食料品(酒類を除く)の製造・加工、安全衛生とされていますが、あわせてそれに従事する原料の調達・受け入れ、製品の納品、清掃、事業所の管理の作業等なども従事しても問題ないとなっております。

また特定技能についても、「特定技能1号」、「特定技能2号」の2種類あり、「特定技能2号」になれば、3年、1年または6か月の更新ができれば在留期間の上限はありません。また、家族の帯同も要件を満たせば可能になります。

特定技能になるには、技能と日本語の試験を受けなければなりません。試験の内容や時期などについては現在作成中とのことですが、3月中には発表できるとのことでした。分かり次第皆様にお伝えできればと思います。技能実習2号を終了している方については試験の免除になりますのでよりスムーズになると思います。

また今回の制度では登録支援機関という機関が特定技能になる外国人の方の支援を行わなければなりません。当組合はその支援機関に登録し、特定技能の方の支援を行っていきたいと考えております。

新制度について当組合もまだまだ分からないところなどもあるのですが、わかり次第随時皆様にお伝えしていきたいと思いますので、なにか気になることがありましたら是非ご連絡ください。

今回簡単にご説明させて頂きました。特定技能についての資料は以下にございますので、ご参照ください。

 

 

新たな外国人材の受け入れについて新たな外国人材の受入れについて

建設分野における新たな外国人材受け入れ建設分野における新たな外国人材受入れ

飲食料品製造分野における 飲食料品製造分野における

介護分野別紙 介護分野別紙1

外食業分野における 外食業分野における

航空分野における 航空分野における

自動車整備業における 自動車整備業における外国人の受入れ

宿泊分野運用に関する方針 宿泊分野運用に関する方針

農業分野における新たなガオ国人材の受け入れ 農業分野における新たな外国人材の受入れについて

農業について質問や答え Q&A(農業)

ビルクリーニング業について ビルクリーニング業について

ビルクリーニング分野運用要領 ビルクリーニング分野運用要領

ビルクリーニング分野別紙2 ビルクリーニング分野別紙2

造船・船用工業 外国人材受入れについて(造船・舶用工業)

新制度についての説明会があったので参加することにしました。

自動車整備エンジニアさんの面接

ホーチミンで自動車整備

最終面談と実技試験を行っております

1回目の面接から最終面接まで4か月間ぐらい日本語、自動車整備基本な言葉を勉強してもらいました。

実技試験はホーチミンにある短期大学の自動車学部の実習場を借りて自動車整備の技術能力をチェックしました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Y建設ーエンジニア面接

兵庫県にある建設会社様にエンジニアの最終面談でベトナムに来てもらいました。

はじめてのベトナムのハノイに興奮しまくりの3日間でした!!

今回の視察でベトナムでのビジネスチャンスを感じられベトナムに進出すると言われていました。

今回のエンジニアの1人トゥイットさんのお父さんがハノイ市内で建設をやっている日本でいう棟梁 ハノイで建設会社を作るにはもってこいの人材ですね。彼も昔から仕事を手伝っていて生粋の建設DNAの血が流れていますね。

もお1人のトゥさんも趣味がテコンドーという元気なエンジニアで受け入れ企業の方の日本での再会が待ち遠しいと言われておりました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

OKY面接、家庭訪問

岡山県でN園芸とG園芸が技能実習生の面接にハノイに訪越されました。

実習生の試験が終わった次の日の家庭訪問の時に大事な娘さんを私が大事に預からせていただきます。

日本での生活は心配しないでくださいと頭を深々下げて硬い握手をされている会社の代表に私も嬉しい気持ちでいっぱいです。

最後に家庭訪問来てよかったと会社の代表に言っていただき嬉しかったです。

 

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Slider

ミヤンマー送り出し機関

この送り出し機関で実習生は日本語を勉強して3ヶ月ぐらいの方しかいなかったですが、日本語を勉強して5ヶ月で会話が成り立つのはびっくりしました。

日本語を書く練習をしていますが、字が綺麗です。

ミャンマー人は日本語を覚えるのが早いのは、ミャンマー語の文法と日本語の文法が同じ為日本語を覚えるのが早いみたいです。

 

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Slider

技能実習生の現場作業

受け入れ企業に配属され現場作業している技能実習生たちです。日本へ行く前ベトナムの送り出し機関で仕事の内容を勉強して整備の練習しましたので現場ですぐに溶け込めていました。

ハノイ工業大学の自動車学部の技能実習生は頭が良くて作業の単語を覚えるのが早く、指導者の作動を見て何でも吸収していき、コミュニケーションもよくとれていました。

施設園芸に行った技能実習生の女の子たちは容器で寄せ植えという仕事をしていました。

みんなは日本へ来たばかりなので日本語が一番困っていますがちゃんと上司に説明してもらい聞き取れています。

毎日、日本語を練習して楽しく仕事をしています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生を配属と生活案内

日本に来てすぐの1ヶ月研修を終え受け入れ会社へ配属されました。

研修センターでは日本語と日本の文化、社会のルールを勉強しました。

はじめての日本の生活なので何でも新しいです。ベトナムの生活と日本の生活が全然違いので詳しく教えてあげました。例えば、電化製品の使い方とかゴミの分け方などを教えました。

受け入れ企業様は技能実習生たちの生活がしやすくなるように家具などいろいろな物を揃えて頂きました。

技能実習生たちも喜んでいました。

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Shadow
Slider

技能実習生の面接

エンジニアクラスのメンバーを技能実習生として採用して、技能実習終了後エンジニアとして再雇用するメンバーを採用しました。

面接は日本語の理解度以外はみんなの体力とか鋭さなども真剣チェックして優秀な人を採用しました。

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Slider

技能実習生の授業

今度日本へ来るベトナム技能実習生達は楽しくお花栽培授業を練習しています。送り出し機関で日本語を勉強する同時に畑でお花栽培技能もちゃんと出来ています。日本で3年間仕事してお花栽培技術を学んで、帰国してから国の農業に貢献できます。

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Shadow
Slider

G㈱ 面接

G大阪で自動車を解体して部品を売っている会社さんが是非ベトナム人のエンジニアを採用したいという事で面接してきました。

はじめての外国人採用を検討されている会社様でしたが、スカイプでベトナムと日本を繋いで面接している事に凄く不思議な感じだったみたいです。

みんなさん頑張ればなんでも出来ますよう。??????

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Slider

エンジニアさん面接

AI社で行ったエンジニアさんの面接会です。面接は自己紹介と知識のテストを行います。みんなさんお互いにオープンして仕事の希望を交渉していい面接会になりました。インターナショナルは日本のいい企業と優秀なベトナムエンジニアさんの間に橋渡しになります。私たちは日本企業に優秀な人材を供与しながらベトナム人にいい仕事を紹介します。

Arrow
Arrow
Shadow
Slider

交流会

関西経済連合会とベトナム日本人材開発センターとの交流会に参加してきました!!

ベトナムから25人の異業種の経営者の方が来られ意見交換会と交流会が行われました。

来月ハノイで技能実習生の面接が2社あるのでその後に今日会った三社と商談予定です。

話が早いですね!!

Arrow
Arrow
PlayPause
38470910_1798307890235710_7561246974935040000_n
ArrowArrow
Slider

ベトナム人技能実習生説明会

最近技能実習生と外国人技術者のご案内を色々なところでさせていただく機会が増えました!!

有難いです。

先日はお客様の会社で協力工場や協力店向けに説明をしたり

ダンボールの製造会社に技能実習生を入れてほしい

精密機械を設計して作って納品する会社様にエンジニアを紹介してほしいなど

様々な用途に合わせてご紹介ご提案させて頂いております。

日本の人材不足でベトナム人技能実習生の数がどんどん増えてきます

企業様と技能実習生たちの利益の為、協同組合として積極に管理します!

ベトナム人の技能実習生やベトナムの優秀なエンジニアの紹介など何でもご相談ください!!

 

 

エンジニア面接

ハノイ工科大学卒 チンさん(ベトナムで理系一番優秀な大学)
ハノイ交通運輸大学卒 リンさん(uniRankで12位)

ベトナムの高度人材エンジニアの紹介依頼を受けていた案件は無事に2名ご採用頂きました。

チンさんもリンさんも日本での就労経験もあり日本語も堪能で素晴らしい人材を紹介出来て私も感無量です。

1人は現在ハノイ在住の為、マルシンベトナムで筆記試験、作文、面接をSkypeを使い行いました。

お客様もSkypeでの採用が非常に新鮮だったようです。
会長はじめ人事部長7名で最終面接して頂きました。

YS作所訪問

先日に技能実習制度生をハノイ工業大学から入れたいとご依頼を受け訪問させて頂きました。

YSの社長とは今年の2月頃滋賀県中小企業家同友会の青年部20名でハノイ視察に来て頂いて以来の再会でしたが訪問して頂いたことがきっかけでこのようにご依頼頂けて本当に嬉しいです。

これからも宜しくお願い致します!

Arrow
Arrow
PlayPause
ArrowArrow
Shadow
Slider

ハノイトヨタ設備工場及びLETCO見学

ハノイのトヨタを見学し、ハノイ工業大学自動車学部とLETCOの日本語研修施設に行ってきました!!

自動車学部、ガソリン1リッターで4,000キロ走れる車を製作中でした!!

ハノイ工業大学生はハノイトヨタ設備工場だけではなく、色々な設備工場でインターンシップしています。学校の知識以外、実際の技術を身に付けて成長しています。

LETCOで見学したり、学生たちと話したり、みんな毎日頑張ってるのを分かりました。

 

Arrow
Arrow
PlayPause
ハノイトヨタ
ArrowArrow
Slider