新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う遠隔巡回監査

普段は直接受け入れ企業まで伺って巡回監査をしていましたが、 新型コロナウイルス感染症の影響で、4月の頭から ズームやラインなどで巡回監査をさせて頂くことになりました。

 

普段と同じ、受け入れ企業の担当者にお話しをさせていただき、実習生たちの状態、健康、仕事に向き合う態度なども確認して、何か問題があれば担当者と一緒に協力して措置を講じます。

 

担当者に実習生の状況を確認し、実習生たちと面談させて頂きます。いつも 実習生たちと親しく話をして彼達の現場での人間関係や、仕事の困っていることとか、生活の面なども 色々 聞いて 少しずつ問題の解決方法とアドバイスを出しています。

幸運なことに 実習生を厳選しているので 今 我々の組合が受け入れた実習生たちは 皆 真面目で一生懸命に働いてくれています。 受け入れ企業様からも たくさんの良い評価を頂いていますので 本当に嬉しいです。

 

やはり 協同組合の立場から見ると実習生たちに毎日楽しく生活してもらい、真面目に実習して頂くのは 我々の成功だと思っております。

 

新型コロナウイルス時期は 遠隔の巡回監査しかないですが、もし この大変な時期がおさまったら、直接の巡回監査を再開させて頂きたいと思います。

Arrow
Arrow
Slider

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問について(周知)(結末)

Q11 技能実習責任者に対する養成講習が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い実施されず、技能実習計画の認定を受けられないがどうしたらよいか。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を踏まえ、技能実習責任者に対する養成講習の開催延期等の事情により、技能実習責任者になろうとする者が養成講習を修了していない場合でも当面の間の措置として、技能実習計画の認定を行うこととします。
ただし、養成講習が再開された後遅滞なく受講する必要があり、受講後、修了したことを証明する書類(受講証明書)を技能実習計画の申請を行った機構の地方事務所・支所あてに提出する必要があります。
詳しくは機構の地方事務所・支所へお尋ねください。
(注)機構の地方事務所・支所では、感染拡大防止のため来所ではなく電話でのご相談をお願い
しております。

Q12 特別定額給付金は技能実習生にも給付されるのか。

特別定額給付金の給付対象者は、令和2年4月 27 日(「基準日」という。)に住民基本台帳に記録されている者です。よって、国外から転入し、基準日時点で住民基本台帳に記録されている技能実習生は給付対象者となります。詳しくは、技能実習生の住民基本台帳への登録がある市区町村へお尋ねください。
なお、技能実習が修了したが帰国できない技能実習生など、在留資格を「短期滞在」又は「特定活動」へ変更して在留の継続が認められている方については、個々のケースに応じた判断が必要となりますので、市区町村へお尋ねください。

Q13 技能実習生に対する特別定額給付金の給付の申請手続について、監理団体や実習
実施者が気をつけることは何か。

技能実習生本人が独力で申請手続を行うことは困難であることが多いと思われますので、監理団体や実習実施者は、技能実習生本人に確実に給付がなされるよう、次の支援をお願いします。

(1) 申請について(給付金の申請方法は郵送申請方式とオンライン申請方式がありますが、技能実習生にとって一般的な郵送申請方式に基づいて説明します。(オンライン申請方式はマイナンバーカード所有者対象の手続))

① あらかじめ申請者の名前が印刷された申請書が、市区町村から申請・受給権者(ここでは技能実習生)宛てに郵送されますので、これらが技能実習生本人の元に確実に届くようにしてください。具体的には、技能実習生が居住する寮の郵便受けに技能実習生各自の名前を記載することに加えて、申請書を技能実習生各自が受け取ったかを適宜ご確認いただくとともに、申請書が郵送されないなどの場合は、市区町村へ問い合わせるなどの支援をお願いします。

② 申請書を受け取った技能実習生は、振込先口座番号などの必要事項を記入し、本人確認書類及び振込先口座の確認書類(いずれも写しで可)を市区町村に郵送する必要がありますので、申請から受給までの一連の流れの説明、申請書の記入や確認書類の写しの準備、ポストへの投函などについて支援をお願いします。

③ なお、給付は申請者本人名義の口座への振込みにより行うこととされていますが、振込先口座を持たない場合や、金融機関から著しく離れた場所に住んでいる場合など、真にやむを得ない場合には、市区町村の窓口での給付が可能とされています。詳しくは、技能実習生の住民基本台帳への登録がある市区町村へお尋ねください。お尋ねの結果、給付可能な場合は、振込先口座がなくても給付を受けられることを技能実習生へ説明してください。そして、給付を受けるためには、市区町村の窓口で、申請書の提出とともに本人確認書類を提示する必要がありますので、技能実習生を車で連れて行くなど本手続に係る支援をお願いします。

④ 申請には期限が設定されているため、期限を確認の上、技能実習生に伝えるとともに、申請書、本人確認書類の準備にかかる時間も勘案して、技能実習生への支援をお願いします。

⑤ 申請書の不備等に関する補正の連絡が技能実習生本人に届く場合があるため、連絡
の見落としが発生しないよう、技能実習生への確認等をお願いします。

(2) 給付について申請後、「自分だけ振り込まれない」などの相談が技能実習生からあった場合には、技能実習生が市区町村へ問い合わせるなどの支援をお願いします。

(3) 不審な勧誘などへの注意喚起申請手続を手伝うと言って口座番号等を聞き出して、特別定額給付金を不正に受給しようとするなどの詐欺(サギ)に関する注意喚起がなされていますので、技能実習生に対し、よく知らない者から口座番号等を聞かれた場合には注意するよう伝えてください。

Q14 特別定額給付金の給付の申請は、技能実習生本人ではなく、監理団体や実習実施者が代理で行うことができるのか。

監理団体や実習実施者の長等が代理人として申請を行うことが認められる場合があります。詳しくは市区町村にお尋ねください。

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問について(周知)(パート3)

Q8-1 新型コロナウイルス感染症の影響でイベント等の自粛要請があったことから、技能検定等を開催する予定であった場所が使用できず、検定が受検できなくなった。このままでは、次の段階の技能実習に移行できないことから、受検・移行ができるようになるまでの間、Q3-1と同様に在留資格の変更を行うことはできないか。

次段階(第2号又は第3号)の技能実習への移行が予定されている技能実習生
について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響等により、現段階の技能実習の目標である技能検定等が受検できないときは、検定等合格後速やかに次段階の技能実習への移行手続を行うこと等を条件に、「特定活動(就労可)(4月)」への在留資格変更許可を認めることとしています(当該就労活動については、従前の実習実施者との契約に基づき、「技能実習」で在留中の実習内容と同種の業務に従前と同等額以上の報酬で従事するものである必要があります。)。

申請に当たっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響等により技能検定等が受検できない理由等を説明する資料及び次段階の技能実習に移行するまでの雇用契約に関する書面をご準備いただく必要があります。
なお、この「特定活動(就労可)(4月)」の在留資格変更許可を受けた後に次段階
の技能実習へ移行する場合には、次段階の技能実習期間は、この「特定活動(就労可)(4月)」の在留期間を除いた残りの期間となる(※)ことに注意する必要があります。

(※) 例えば、第1号技能実習から第2号技能実習への移行希望者で、新型コロナ
ウイルス感染症の感染拡大の影響で技能検定(基礎級)の受検が延期となり、技
能実習期間の終了までに第2号技能実習に移行できなかった場合

①技能検定(基礎級)を受検し第2号技能実習に移行するため、「特定活動(就労
可)(4月)」へ在留資格を変更。
②「特定活動(就労可)(4月)」の在留期間3か月目に技能検定に合格。
③これにより、第2号技能実習計画の実習期間は、②の「特定活動(就労可)(4
月)」により在留した3か月を技能実習の上限2年間から除いた1年9か月が実
習計画期間となる。
詳しくは、技能実習生の住居地を管轄する地方出入国在留管理官署に御相談ください。

Q8-2 2号技能実習を修了した技能実習生(外国人建設就労者又は外国人造船就労者を含む。)が、「特定技能1号」への移行を希望しているが、新型コロナウイルス感染症の影響等により、「特定技能1号」への移行の準備に時間を要する状況にあるがどうしたらよいか。

在留資格「特定技能1号」への移行を希望する2号技能実習修了者(外国人建
設就労者又は外国人造船就労者を含む。)が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響等により、移行に時間を要するときは、「特定活動(就労可)(4月)」への在留資格変更許可を認めることとしています(当該活動については、従前の受入れ機関との契約に基づき、従前の在留資格で在留中の活動内容と同種の業務に従前と同等額以上の報酬で従事するものである必要があります。)。
申請に当たっては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響等により在留資格「特定技能1号」への移行に時間を要することを説明する資料、「特定活動(就労可)(4月)」での活動内容等に係る誓約書及び「特定技能1号」に移行するまでの雇用契約に関する書面をご準備いただく必要があります。詳しくは、2号技能実習修了者の住居地を管轄する地方出入国在留管理官署に御相談ください。

 

Q9 技能実習生がマスク等の医療用資材の製造に従事することは可能でしょうか。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、マスクや医療用資材の需要がひっ迫していることも踏まえ、当面の間の措置として、繊維・衣服関係の職種(※)の実習実施者は、技能実習を行っている時間全体の2分の1の期間、関連業務としてマスク等の製造に従事させることが可能です。
マスクの製造に従事させようとする場合には、業務の内容の説明資料(様式はありま
せんので、任意の様式で作成してください。)及び技能実習計画軽微変更届出書を機構の地方事務所・支所の認定課に提出してください。詳しい手続は機構の地方事務所・支所に相談してください(注)。

なお、技能実習に従事する時間全体の2分の1以下の期間内であれば、一定期間、マスク等の製造のみに従事することも可能としますが、技能検定合格等の技能実習計画に掲げた目標を達成できるよう、必須業務の技能等の修得等にも配慮して下さい。事業所において、マスクの製造以外の業務が縮小しているような場合には技能実習日誌等に記録するなどしてください。

その他、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う事業内容の変化によりマスク以外の医療用資材の製造に技能実習生を従事させることについて判断に悩む場合には、事前に機構の地方事務所・支所の認定課に御相談ください。

(※)移行対象職種・作業である繊維・衣服関係の職種・作業
紡績運転、織布運転、染色、ニット製品製造、たて編ニット生地製造、婦人子供服製造、紳士服製造、下着類製造、寝具製作、カーペット製造、帆布製品製造、布はく縫製、座席シート縫製
(注)機構の地方事務所・支所では、感染拡大防止のため来所ではなく電話でのご相談をお願いしております。

 

Q10 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い実習実施者の経営状況の悪化等(倒産、人員整理等)により、実習が継続困難となった技能実習生についてどのように対応したらよいか。

雇用を維持していただくことが大切であるため、現在、厚生労働省では雇用調整
助成金について助成率を引き上げる等の拡充を行っています。技能実習生も日本人の方と同様に雇用調整助成金等の活用が可能であるため、まずは雇用の維持に努めていただくようお願いいたします。

その上で、技能実習生の実習継続が困難となった場合には、技能実習実施困難時届出書を外国人技能実習機構へ提出していただき、技能実習生が希望する場合は、実習先変更のための転籍支援を行っていただくこととなります。

なお、新たな実習先が見つからない場合で、技能実習生が、特定技能外国人の業務に必要な技能を身に付けることを希望しているなど一定の要件を満たすときには、在留資格「特定活動(就労可)(最大1年)」への在留資格変更が認められます。

「特定活動(就労可)(最大1年)」への在留資格変更を希望する場合は、求職に必要な情報を関係機関等へ提出することに関する同意書(様式は法務省ホームページに掲載されています。)を当該技能実習生へ案内してください。

当該技能実習生の同意書を監理団体又は企業単独型実習実施者から出入国在留管理庁へ送付いただければ、出入国在留管理庁から、同意の範囲内において、求職に必要な情報が関係機関等に提供されます。

詳しくは地方出入国在留管理官署へお尋ねください。

【※法務省ホームページ
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri14_00008.html】

 

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問について(周知)(パート2)

Q4 技能実習生が入国後に、例えば発熱等の症状が見られたため、しばらく様子を見た後に、入国後講習や実習実施者における実習を開始することとした場合、在留期間を延長することはできないか。

技能実習生の健康観察を行うために予定されていた実習を一時的に中断した期間
について、実習に伴う在留期間を延長する必要がある場合は、上記A2と同様に、技能実習実施困難時届出書及び技能実習計画軽微変更届出書の写しの添付により中断期間を明らかにし、地方出入国在留管理官署に在留期間の更新許可申請をしてください。

 

Q5 実習実施者に対する監査や訪問指導の実地確認については、どのように対応したらよいか。

部外者の立入りが極めて困難な場所で技能実習が行われているなど実地による実
習実施場所等の確認が著しく困難な場合には、他の適切な方法により監査を行って下さい。
この場合、その理由と他の適切な監査方法を監査報告書に記載することになります。

 

Q6 新型コロナウイルス感染症の影響により、技能実習生の技能検定等の受検が困難になった。優良要件(技能等の修得等に係る実績)はどのように扱えばよいか。

優良要件(技能等の修得等に係る実績)における、技能検定等の合格率の算定に当たっては、新型コロナウイルス感染症の影響により技能検定等の受検が困難になった技能実習生については、「やむを得ない不受検者」として算定対象外(母数に含めない)とすることも可能です。このような場合には、当初予定していた技能検定等が受検できなくなった事情について記載した資料を添付してください。

Q7-1 入国後講習の受講に当たり、新型コロナウイルス感染症への感染防止等の観点から、インターネットを活用したオンラインによる講習を行いたい。

入国後講習については、座学で行われることに照らして机と椅子が整えられた
学習に適した施設で行わなければならないこととしていますが、今般の新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、当面の間、音声と映像を伴うテレビ会議など、講師と技能実習生が、同時に双方向で意思疎通する方法により実施することも可能とします。
入国後、技能実習生を一定期間待機させる場合などにおいても、同様の方法で入国後講習を行うことが可能です。
なお、このような方法で入国後講習を行う場合であっても、実施方法や実施した事実が客観的に確認できるよう、適切に記録を行うことが必要です。

Q7-2 入国後講習のみを行う(入国前講習は行わない)予定で計画の認定を受けたが、入国が困難になったため、入国前講習を実施することとしたい。どのような手続が必要か。

入国前講習を実施することにより、入国後講習の期間を短縮し、併せて実習期
間も変更する場合には、本来技能実習計画の変更認定が必要ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により入国が困難になった等の特段の事情がある場合には、技能実習計画軽微変更届出書(同届出書に入国前講習実施予定表(参考様式1-29 号)の添付が必要。)の提出によることも可能とします。

新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問について(周知)(パート1)

新型コロナウイルス感染症に関し、技能実習関係者から主に寄せられたご質問とその回答は以下 のとおりですのでご参考下さい。

Q1 入国が当初の予定より遅れそうだが、どうしたらよいか。

技能実習計画の認定を受けている場合で、認定を受けた計画の技能実習期間と入国日との間が3か月以上空いていない場合は、特段の変更届等の手続は不要です。3か月以上空いている場合は、技能実習計画軽微変更届出書を提出してください。詳しくは、外国人技能実習機構地方事務所にお尋ねください。
また、入国時期を遅らせる場合については、雇用契約期間の雇用条件に変更が生じることなど、技能実習生が不安にならないように送出機関を通じて十分に説明することが必要です。
なお、地方出入国在留管理官署に在留資格認定証明書交付申請中である場合、審査が保留されることがあります。既に交付を受けている在留資格認定証明書の有効期間が経過した場合は、改めて在留資格認定証明書交付申請を行う必要があります(在留資格認定証明書の有効期間は通常3か月間であるところ、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う諸情勢により、当面の間、6か月間有効なものとして取り扱います。)。詳細は、地方出入国在留管理官署にお尋ねください。

 

Q2 一時帰国した後、再入国ができないため、実習の再開を遅らせたいが、どのような手続が必要か。

まず、技能実習実施困難時届出書を提出して一時的な中断の開始日を明らかにした上で、再入国が可能となった後、技能実習計画軽微変更届出書を提出し、再開時期を明らかにした上で技能実習を再開することが可能です。
当該一時的な中断により実習に伴う在留期間を延長する必要がある場合は、当該技能実習実施困難時届出書及び技能実習計画軽微変更届出書の写しの添付により中断期間を明らかにし、地方出入国在留管理官署に在留期間の更新許可申請をしてください。
なお、技能実習生が許可された在留期限内(在留申請を行っている場合の特例期間を含む。)に再入国ができない場合は、改めて在留資格認定証明書の交付を受け、入国の手続を行う必要があります。詳しくは地方出入国在留管理官署にお尋ねください。

 

Q3-1 技能実習を終了したが、新型コロナウイルス感染症の影響で本国に帰国できない場合はどうしたらよいか。

お見込みのとおりです。本件措置については、あくまで技能実習生が帰国困難になった場合の特例として行うものであるので、技能実習制度の趣旨を踏まえ、技能実
習終了後の帰国費用を技能実習生に負担させるべきではありません(これまでと異なる受入れ機関において就労する場合も同様です。)。

 

Q3-2 「特定活動(就労可)(3月)」への在留資格変更が許可された技能実習生についても、帰国旅費については、引き続き技能実習生として受け入れていたときの監理団体(企業単独型の場合は実習実施者)が負担するという理解でよいか。

申請時点で技能実習生を受け入れている監理団体の取次者証明書を有する職員が取り次ぐことは可能です(「特定活動(就労可)(3月)」の期間更新が必要になった
場合も同じ)。

特別定額給付金(10万円)申請書記入方法について多言語による動画を掲載します。

政府より設置された特別定額給付金の申請書記入方法につきまして、ORJでは外国人サポート事業として、多言語による動画案内を開始いたしました。

【動画一覧】
https://drive.google.com/drive/folders/1edxsXcf8ii3OlioSoJKRzFZ26gbDApXH
※対象言語:日本語、中国語、英語、ポルトガル語、ベトナム語、ネパール語、タガログ語、タイ語、スペイン語、インドネシア語

今後も外国人のかけはしとなるよう、引き続き、サポート業務に取り組んで参ります。

【最新情報】新型コロナウィルスの影響によるビザ申請の取り扱い(2020/4/20更新)

新型コロナウィルスの感染が拡大する中、日本に滞在中の外国人や、外国人を雇用する企業などから、ビザ申請に関する問い合わせが増えています。

この記事では、新型コロナウィルスに関する出入国在留管理庁の取り組みについて、最新情報をまとめます。(※2020年4月20日現在/随時更新)

——–「短期滞在」ビザの方———

「短期滞在」ビザで在留中の方は、在留期間更新許可申請をすることで「90日」延長することができます。最寄りの出入国在留管理局に行き、在留期間更新許可申請を行ってください。
※ 4月3日に、延長される日数が「30日」から「90日」に変更されました。

なお、短期滞在ビザでの在留期間は1年間に180日までとされていますが、新型コロナウィルスの影響による「90日」の延長は、特段の事情としてこの基準を超えて認められます。

提出書類

〇 在留期間更新許可申請書
〇 帰国困難であることを証明する資料
(例:帰国用の飛行機のチケット/帰国できないことが分かる新聞記事 etc.)
〇 日本滞在中の生活費を払えることを証明する資料
(例:親族の収入が分かる資料 etc.)

※ 申請時にパスポートの提示が必要です。
※ 上記のほか、入管から資料を求められることもあります。

注意:自動的に期間が延長されるわけではありませんので、在留期間更新許可申請の手続きが必要です。4/20現在、在留期限を過ぎても3ヶ月後までは更新申請を行うことが可能ですが、在留期間内に申請することをおすすめします。(詳細は、下記「ビザの期限が迫っている方について」の解説をお読みください。)

——–その他のビザの方———

ビザの期限が迫っている方について

2020年3月~6月にビザ(在留資格)の期限が切れる方は、在留期限の満了日から3ヶ月後まで更新の申請をすることができます。

しかし、ここで注意が必要なのは、3ヶ月後まで更新の申請を受け付けてもらえるだけで、在留期間が3ヶ月延長されるわけではないということです。

つまり、在留期間の満了日を過ぎて以降はオーバーステイの状態となります。

在留状況が非常に不安定な状態となりますので、入管からの通達とは異なる助言となりますが、在留期間内に更新申請をすることをおすすめします。

なお、通常の在留期間更新申請では、審査中に在留期限の満了日を過ぎた場合、2ヶ月間の特例期間が付与されます。この点について、3ヶ月後まで申請を受け付ける措置との関係性を確認したところ、更新申請をした日から2ヶ月間の特例期間が付与されるとのことです。万が一、更新申請の審査中に満了日から3ヶ月が経過しても、すぐに帰国しなければならないということにはなりませんので、ご安心ください。

帰国困難な方について

帰国困難者に対する在留諸申請の取扱い

新型コロナウイルス感染症の影響により、帰国便の確保や本国国内の住居地への帰宅が困難であると認められる者に対して、原則として以下のとおり措置する。
① 「短期滞在」で在留中の者
⇒ 「短期滞在(90日)」在留期間更新を許可する。
② 「技能実習」又は「特定活動(外国人建設就労者又は外国人造船就労者)」で在留中の者であって、従前と同一の受入機関及び業務で就労を希望するもの。
⇒ 「特定活動(3ヶ月・就労可)」 への在留資格変更を許可する。
③ その他の在留資格で在留中の者(上記②の者であって、就労を希望しないものを含む。)
⇒ 「短期滞在(90日)」への在留資格変更を許可する。
※ 上記①~③について、帰国できない事情が継続している場合には、更新を受けることが可能。

(出所)「帰国困難者に対する在留諸申請及び在留資格認定証明書交付申請の取扱いについて」, 出入国在留管理庁ホームページ

インターナションナル協同組合主催で実習生たちと フットサルをしました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

日本人との文化交流の場を作ることで日本での生活をより楽しく思い出深くするために、受け入れ企業様の許可を頂き、フットサル大会を企画させて頂きました。

参加者は 4つの受け入れ企業の13人の実習生たちと 協同組合理事の友達7名で 行われました。大阪にあるフットサル場で 20名が一緒に集まって楽しくサッカーをしました。天気にも恵まれ、フットサルをやるには 最高の天気でした。 こんないい天気の日には、サッカーをやるに限るのですね。

20名は 5名毎チームに分けられて、一試合7分間のゲームをしました。午前10時から12時までの2時間ありましたが、日本に来て初めてサッカーの試合をしたので実習生も大変喜んでくれました。

参加した神戸で自動車整備の実習をやっている実習生は:「日本に来て1年以上経ちますがサッカーをやる機会がなくて非常に残念な気持ちになっていました。しかし、このような機会をインターナションナル協同組合が作ってくれて本当に嬉しいです。また計画してほしいです。今度のサッカー企画を楽しみに明日からの実習を頑張っていきます。」

当組合の理事は:「実習生たちが日本に来て良かったと思ってもらえるように実習のサポートだけではなく 日本人と文化交流やスポーツ企画などを行い、日本での生活を楽しんでもらいたいと思っております。」

技能実習生が協同組合事務所を訪問と遠足

 

初めて実習生に協同組合の事務所を連れて行きました。理事長の部屋で記念写真を撮ったり、各部屋を見たりしました。LETCOで出会った友達の写真を見て懐かしがったみたいです。

いつもような実習生を受け入れ企業に配属する前に大阪観光を連れて行きますが今回はコロナウィルスの影響で決まったコースを諦めて箕面公園と勝尾寺へ連れて行くことにしました。

今回理事長が一緒に同行してくれました。協同組合の事務所の目前は伊丹空港がありますので飛行機場を見に行きました。

ベトナムでは飛行機を見える飛行機場が無いですので彼女たちが凄く喜んでくれました。

箕面公園へ行った時にビックリドンキー店で昼ごはんを食べて、彼女たちは初めてステーキを食べますのでフォークとナイフの使い方が知らなかったです。日本のサラダのドレッシング味が口合わないみたいです。

その後箕面公園へ移動しました。ここでいっぱい写真を撮って、泉の水と遊んで楽しかったです。賑やかな所より天然なところ方が良いと言われました。

箕面公園から勝尾寺まで3kmの距離でした。勝尾寺にある池の湖面に煙が出て仙境に迷ってしまったかんじです。

勝尾寺で3年間の仕事が順調になるように神様に祈って、鐘を突いて、お守りを買いました。

彼女たちにとって一日いっぱい楽しんで日本に在住するうちに一つの記念だと思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

半自動溶接技能試験

半自動溶接職種の技能実習試験です。

びっくりするぐらい受験者が多かったです。

受付終わった後で受験者が順番に溶接物を仮付けます。

その後は学科試験をして、本溶接をしました。

学科試験時間は1時間ですがみんなは30分ぐらい出来上がります。

実技試験は大体15分ぐらいかかります。

試験の対策に関して受け入れ企業と協同組合はよく実習生に勉強と練習させました。だから、うまく出来ました。

実技試験の結果はすぐに合格を教えてくれましたが学科試験の結果は待っています。

全員が合格できるように楽しみにしています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

KM会社の実習生を配属

初めてうちの実習生を採用してくれる受け入れ企業です。

1年コースです。

配属日に研修センターを離れてから市役所へ住所変更と銀行口座を作りに行きました。

終わってから本社へ挨拶しに行って、事務所に入ったとたんみんなの全員が立って待ってくれてびっくりしました。

実習生たちは一人づつ自己紹介してから社長と握手しました。

挨拶終わってから買い物を連れて行って、マンションのルールとか電化製品の使い方等を案内しました。

これからみんなは日本で同居して仕事を頑張って貰います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

KS会社の2基技能実習生が入社

1期生が上手く仕事を出来ていますので企業が信頼で技能実習生を採用続いて頂きます。

今回は3人を採用したが1人が交通事故で日本へ行けなくなりました。本当に残念でした。

今回のメンバーはハノイ工業大学自動車学部を卒業した方です。

彼らが凄く明るくて日本語を覚えるのが早いし、良く気配り出来る人です。

それは仕事や日本の生活が早くなれると思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

N園芸会社の3期生面接

2月中旬に岡山にある施設園芸会社の社長がベトナムで3期生を面接しに行きました。

2018年11月1期生が入国しました

2019年12月2期生が入国しました

ベトナム実習生が真面目に働いてるし、手が器用で日本人スタッフより早いと評価されています。

だから年末に3期生が入国できるように早めに面接しに行きました。

面接内容は

①会社案内

②体力チェック

③計算テスト

④チームワーク

⑤面接

今回3人の明るい子を採用することになりました。

面接終わってから次の日家庭訪問しに行きました。

実習生の家族は彼女達を日本へ行かせるのを同意して貰いました。

みんなの家族はすごく優しくて自分の子供、孫を育てるのを受け入れ企業に任せて頂きました。

日本行くまでに実習生にしっかり日本語センターで勉強して貰います

みんなさんが入国までに楽しみにしています

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

外国人溶接技能評価試験ー手溶接

技能実習生2号になるため外国人溶接技能評価試験を受けた技能実習生です。

実習生にはこの試験はとても大事な試験なので1ヶ月以上一生懸命学科試験問題を勉強して、実技も真面目に練習しました。

良い結果を楽しみにしています~

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

毎月の巡回監査

技能実習生を配属してから毎月1回巡回監査しに行きます。

実習生と受け入れ企業の事情、意見を受けて解決します。

国が違いので日本受け入れ企業とベトナム技能実習生が勘違いことが多いです。

例えば、ベトナム人はよく「したくち」をします。でも日本人にとってめっちゃくちゃ悪い態度と思われる。ベトナム人にとって普通です、残念な時、考える時もよくしたくちをします。

又は日本語の理解に関して、指導者から仕事の内容を受けて「はい、わかりました」という返事ですが全然違い作業をやってしまいます。

巡回監査する時に勘違いことを企業の人に説明して許して貰いながら実習生にも注意します

実習生の日本語が上手になるため毎週日本語を勉強させてチェックします。

企業の人の前で実習生はほとんど事情を言わないです。全部「大丈夫です」と返事されるけど実際は事情がいっぱいあります。だから仕事終わってから実習生の部屋で料理を作りながらお喋りしてみんなの事をもっと分かるようになりました。

その後企業に相談して出来る限り実習生の事情を改善できるようにいろんな方法を考えます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

S会社の2基実習生を面接

伊丹市にある鉄工会社は2019年8月に採用した1期実習生が一生懸命仕事していますので今回2基技能実習生を面接しました。

今回2名を採用します

送り出し機関で面接終わってから2名を選んで次の日家庭訪問しに行きました。

実習生の両親に会社を説明して、みんなの日本での生活と仕事に関して会社の責任を持つのを言って安心させます。

実習生の家で鶏、牛を飼っています、それは日本人にとって不思議だと思います。すごく静かなところです。

家庭訪問終わってから実習生の両親から地方の名産を貰って笑顔で送ってくれました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

2基実習生を迎え

「初めてベトナム技能実習生を採用するのが良かったです」という評価した受け入れ企業はまた2基の実習生を採用続いています。

いつもの段階通りに入国してから1ヶ月研修センターで日本語と基礎なルールを勉強します。

今回大阪観光は天王寺動物園を連れて行きました。みんなはベトナムで動物園へ行ったことが無いのですごく楽しがったです。爬虫類が大好きでびっくりしました。

彼女たちは日本のラーメンが好きと言いましたのでラーメンを食べに行きました。ラーメンの味様々がありますからこの店の味がちょっと濃くて食べにくいみたいです。

その後は難波八坂神社で3年間無事に仕事できるように祈願しました。日本の祈願し方の勉強ににりました。

大阪観光終了の前に有名なアイスクリームを食べさせて、1日中満足で楽しみました。

1月14日に彼女を企業に配属しました。住所とか銀行カードなどの必要な手続き終わってから生活できるように買い物を連れて行きました。

後輩と先輩のいい関係を作るため社長が焼肉パーティーを行いました。みんなの前で自己紹介してから食べながらお喋りして雰囲気が良かったです。

これから後輩と先輩が楽しい生活しながら仕事を頑張るのを楽しみにしています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生が入国前と入国後の風景

今年1月に技能実習生の7人が入国しました。

自動車整備の実習生2名
タイヤとホイール脱着業務 5名

7名の家族、友人、彼女など沢山の方々が実習生の見送りに来ていました。

実習生のお父さん、お母さんが涙を流しながら息子を送り出しているのをみて、大事な息子さんを預かる身として絶対に彼らを幸せにしないといけない、日本での生活をしっかりサポートしてあげて日本を大好きになって帰ってもらいたいと強く思いました。

関西空港でみんなを迎えて研修センターへ連れて行きました。

日本に住むための交通ルールとかゴミの出し方などを研修センターで勉強させます。

初めて日本の牛丼を食べておいしいですが味噌汁が苦手ですという実習生の評価でした。

日本に住むうちにみんなは日本の料理とか文化などを体験できるように楽しみにしていると思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生面接の流れ

受け企業からいただいた求人票をベトナム送り出し機関に送って人を募集します。

1か月後現地で面接を行います。

① 体力チェック:日本で働く時に体力は大事なことだと思っております。Letco に入って日本語以外は毎日体操をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 計算問題試験:1分で足す問題、かける問題をやらせて、正しい答えが多ければ多いほど頭がいいという判断出来ます。

 

 

 

 

 

③ グループワーク:10分間でみんなが好きなものを紙で作って貰います。みんなは橋とか飛行機などの色々なアイデアがありました。出来た物を考えた人は誰か、物について説明を聞いてから人のことを判断出来ます。

 

④ 面接 :受け企業が直接実習生に面接します。その時会社の情報と作業も説明します

 

面接が終わってから優秀な人を絞って軍事訓練を参加させます。もし3人を採用すれば4人を絞って軍事訓練をさせます。1週間でみんなの様子とか態度などを見て評価して最終3人を絞ります。採用された人は日本語センターで日本語を勉強させます。

もし面接を受ける前に軍事訓練をした人が面接に合格すればすぐに日本語センターに入って貰います。

 

日本の文化を学びながら観光

新潟県に配属する前に技能実習生を大阪に連れて行きました。

半年ぐらい日本に来たけど何処へ行っていない男の実習生も一緒に同行しました。

みんなは会ったことがないけど早く仲間になって楽しくおしゃべりしました。

みんなに対して電車の乗り方を教えて、大阪である有名なたこ焼きを食べさせて、大阪城公園に連れて行ってあげてすごく嬉しがったみたいです。

又色んなところへ行きたいと言いました。やはり日本で働き以外は日本の文化を学びたいと感じました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

兵庫大学とハノイ貿易大学調印式

10月1日
兵庫大学とハノイ貿易大学とのMOU(大学間交流協定)調印式が無事に締結されました。

弊社が兵庫大学からベトナムの優秀大学から留学生を受け入れたいので協力してほしいと依頼を受けて今年の7月24日に貿易大学訪問して、10月1日に調印式

このスピード感はゴック学部長と松本学部長だから出来た本当に凄いスピード感だったと思います。

ハノイ貿易大学はベトナムの事を知っている方なら誰もが知っている、文系で名実共にNo.1の国立大学です。

財界、芸能会、ミスベトナム、若手経営者の輩出数など 本当にベトナム中から優秀な学生が集まる人財の宝箱みたいな大学です。

ここに入学した大学生が今回の国際共同教育プログラムを経て三年生から兵庫大学に編入で入ってこれる仕組みが構築されました。

今回の調印式は日本にとってもベトナムにとって間違いなく相乗効果をもたらす事は間違いなく、5年後、10年後 日本とベトナムとの関係を促進させるビジネスが出来たり、素晴らしい人財が来る事で日本とベトナムは今までよりも強い結びつきが生まれます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ベトナムからのエンジニアが日本に入国(高度人材紹介)

ハノイ水利大学建設学科卒のトゥエットさん
ハノイ電気大学建設学科卒のトゥーさん

やっと日本に来ました!!

面接したのは今年の1月末です。

社長も最終面接から今まで待ちに待ったエンジニア採用に前の日の夜もそわそわして寝れなかったみたいです。

会社もはじめて受け入れる外国人のエンジニアにざわつきが止まらなかったみたいです。

入国してから会社でみんなに挨拶しました、だれでも緊張していました。その後、彼らのマンションに入ったとたんにびっくりするほど綺麗な部屋でした。部屋の中で全部新品な物を設備しています。

昼ごはんは日本ラーメンにして、ラーメンの味が濃くて、油っぽいので口合わないみたいです。

彼らはお寿司を食べてみたいと言いましたの夜社長がみんなを回転寿司を連れて行ったみたいです。

これから会社の雰囲気がどんなようななるか、彼らは仕事や生活はどんな感じになれるか楽しみにしています。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生がバトミントン試合に出ます

インターナショナル協同組合の自動車整備の仕事をしている技能実習生のサンさんは日本に来た時にバトミントンをしたいと言われて、会社の近くの体育館を探してあげました。毎週の日曜日にバトミントンを練習しに行っています。体育館で沢山本人の友達が出来て、みんなと仲間になって時々一緒に食事しに行きます。

サンさんはバトミントンが凄く上手なので兵庫県社会人クラブバトミントン団体リープ戦に出てくださいという誘ってくれました。

ベトナムにいた時に生まれた県のバトミントン試合に出たことがありますが今回は大きな試合場で試合するのは初めてです。だからサンさんはびっくりして凄く緊張しました。

試合に出た選手は100人以上ですが外国人はサンさんしかいなかったです。

サンさんのチーム名は「むささび会兵庫」です、チームの人数は5人でした。

バトミントン試合はシングルやダブルスがあります。

シングルについてはサンさんが4回参加して3回勝ちました。

ダブルスについては1回で勝ちました。

試合が終わってからサンさんのチームが3位賞状を取れて素晴らしいでした。

日本に働いている他の技能自習生がこんな試合に出ているかどうか知りませんが出ても少ないと思います。

スポンジをするのは健康の目的だけではなく、日本人に出会ってコミュニケーションが出来て、日本語や色んな事も勉強できるはずです。

これからインターナショナル協同組合の技能実習生がサンさんような出来るように応援したいと思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

技能実習生を受け入れるための流れ

受け企業が外国技能実習生を受け入れたい場合順番の流れをご紹介させていただきます

① 求人票を貰う:受け入れ企業からいただきの求人票を送り出し機関に送って実習生を募集します

② 1ヶ月後 ベトナムで 面接を行います

  • 体力チェック
  • 計算問題
  • グループワーク
  • 面接

3名を採用したい場合4名まで残します

③ 家庭訪問: 会社案内や実習生の両親が実習生として日本に来ることに賛成しているかなどを確認する

④ 軍事訓練

一週間後 最終3名に絞り込む

⑤ 日本語勉強をセンターで行う

6ヶ月から9ヶ月

毎月日本語チェックと人間関係をチェックする

現地での面談、スカイプでのチェック

⑥ 入国

1ヶ月研修:研修センターで日本語や日本の文化、日本の基礎な法律を勉強する

土曜日・日曜日 休みを利用して受け入れ企業に訪問

電車の乗り方などを教えながら、大阪観光

⑦ 実習生を受け企業へ配属

 

受け入れ企業の仕事を説明します

腹筋、腕立てなどの体力チェック

計算問題

グループワーク

体力、計算問題、グループワークをチェックして絞り込んでから残す人に面接する

家庭訪問:両親の意見を確認する

一週間の軍事訓練終わってから実習生を絞り込んで合格実習生が日本語勉強をセンターでします

毎月スカイプで日本語をチェックします、それと人間関係もチェックします

入国する時関空まで実習生を迎えに行く

1か月間 研修センターで日本語、日本の文化、基礎な法律を勉強する

 

研修センターで勉強するうちに一回電車の乗り方を教えながら大阪観光しに行きます

1か月間の研修終わってから受け入れ企業へ配属します。会社での挨拶です

配属日に住所変更、銀行口座を作ります

実習生に買い物と家電製品の使い方を案内すます

C会社の技能実習生配属

C会社は東京にある受け入れ企業です。初めて夜行バスで技能実習生を配属しました。翌日の朝に新宿駅に着いてから会社までレンタカーで行きました。会社へ行く間に実習生が凄く緊張していました。

会社の寮は広くて、一人が一つの部屋です。お風呂やトイレがとても綺麗です。会社の人に寮の使用の仕方を案内して貰ってから市役所へ住所を変更しに行って、口座も作りました。

その後エンジニアとしてC会社で働いてるトアンさんがみんなを牛丼を食べに連れて行ってくれました。いい先輩がいますので色々なことを教えて貰えて本当に安心しています。

現在、会社に11人のベトナム技能実習生とエンジニアが楽しく働いています。これから彼らには先輩たちと仲良く、仕事も頑張って貰いたいと思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

日本の交通や文化を体験します。

先日、1か月間の講習中の技能実習生から「入社する前に何処かに遊びに行きたいです」という希望を受けました。弊社は受け入れ企業へ連絡して協力をお願いし、難波道頓堀や大阪城公園へみんなを連れて行くことにしました。

伊丹市にある受け入れ企業の専務様も一緒に行きました。技能実習生に電車切符の買い方とか発車案内表示器の見方などを説明しながら教えました。ベトナムには電車がないので今回は初めてみんなが電車を体験して嬉しがりました。

心斎橋駅から道頓堀まで歩きながら商店街を見て楽しそうでした。せっかく大阪へ行くので大阪での有名な食べ物を食べて貰いたいのでくれおーる店でたこ焼きの作り方を見てからたこ焼きを賞味しました。

その後は記念写真をたくさん撮りました。

昼ごはんはたこ焼でした。実習生たちは初めてお好み焼きを食べて、みんな美味しいと評価しました。

食べてから大阪城公園へ移動してここである豊國神社の神様に「3年間日本で無事に仕事が出来るように」という事をお祈りしました。ベトナムと日本のお祈りの仕方が全く違います。お祈りの手順を教えて体験させました。

大阪城公園を観光しながら昔の歴史も説明してみんなが昔の日本人が凄いですねと言いました。

観光が終わった後、実習生たちは「色んなことを勉強できて、有名な料理を食べて、有名なところへ行けてとても嬉しいです。協同組合と受け入れ企業が私たちを大事にしてくれて感動しています。」と言っていました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

ベトナムの優秀な大学を訪問します

ベトナムでも最高峰の大学2校

ハノイ国家大学人文社会科学大学
ハノイ国家大学外国語大学に訪問させて頂きました。

後もう一つ日本に1番留学生を送り出しているICOグループに訪問させて頂きました。

今回の訪問の目的は兵庫県にある大学からの依頼で、兵庫県の大学がベトナムからの優秀な学生に留学してもらう事によって、学校の活性化に繋げたいと言う依頼の下調べに行ってきました。

ハノイ貿易大学とハノイ大学は今回タイミングが合わず訪問出来なかったですが、来月バッチリ訪問します。

ハノイにある優秀な大学を訪問した後、ホーチミンへ移動してホーチミンにある国家大学人文社会科学大学も訪問します。

Arrow
Arrow
Slider

外国人自動車整備技能実習評価試験

神戸の自動車整備会社のメンバーが外国人自動車整備技能実習評価試験を受けました。

外国人自動車整備技能実習評価試験とは技能実習生1号から2号になるために必ず受けないといけない試験です。

試験は学科試験と実技試験があります。

試験対応については毎週2回の勉強を行いました。

たまたまベトナムで2年ぐらい日本語教師として働いていたスタッフがいらっしゃって技能実習生に試験内容を教えてくれました。

試験を受ける前は、会社の方も実習生たちも緊張していました。不合格なら再試験を受けて、それでもダメなら帰国しなければならないからです。

みんなはよく頑張って、努力しましたので全員が合格しました。

試験が終わった後、すぐに結果を教えて貰えたのでほっとしました。

これから技能実習生2号になって日本であと2年間働き続けます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

神戸の自動車整備の2回目面接

去年、ベトナム技能実習生の3人を採用して頂いた受け入れ企業様が実習生を高く評価してくださいました。今年も実習生を採用したいとのことだったので、先日ベトナムへ面接しに行きました。

今回はハノイ工業大学の今年卒業メンバー6名から実習生2名+補欠1名を無事採用していただきました。みんなの顔が明るくて、やる気も強く見えます。

前回来た時にベトナムが好きになり、奥様にもベトナムを見せたいと言う事で今回は夫婦で訪問していただきました。

ベトナムの事を好きになって頂けて嬉しいのと新婚旅行に行けていなかったそうなので、2人で久しぶりに旅行気分も味わえて本当によかったと喜んで頂けました。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

自治会清掃作業

先週の日曜日に実習生が住んでいる家の近所の皆さんと一緒に清掃作業を行いました。

自治会は毎年町の掃除を行っています。初めて外国人の2人が一緒に参加しましたが彼らの頑張りを誉めてくださいました。

草刈り機や鎌などをうまく使用することが出来ましたし、みんなと一緒に清掃して実習生も楽しいと言いました。

この町の人はお年寄りが多く青年は彼らだけでしたので自治会の方に大変喜んでくれました。

実習生は自治会の方に対して自分のおじいさん、おばあさんみたいに優しく接し熱心に清掃しました。

技能実習生が今度から住んでる町にもっと貢献したいと言っていました、本当に素晴らしいベトナム人技能実習生です。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

弊社がご紹介させて頂きましたエンジニアさんが結婚しました。

弊社がご紹介させて頂きましたエンジニアのギアさんが先日結婚をしました。弊社でご紹介させていただきましたのが半年ぐらい前で、入社してからも仕事をよく頑張っていました。先月にベトナムへ帰って素晴らしい結婚式を行いました。すぐに奥さんを日本へ呼んできて一緒に生活するみたいです。

本当にめでたいご報告に私も嬉しい気持ちでいっぱいです。

外国人は就労ビザとして日本で働いたら自分の奥さんか、旦那さんを呼べます。又は、奥さん、旦那さんがアルバイトとして1週28時間以内で働けるという法律があります。

ギアさんは奥さんを迎えるため大きな家を探し、運転免許を取り、その他いろんなことを準備しています。ギアさんの奥さんも日本で生活が困らないように一生懸命日本語を勉強しているみたいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

ハノイ工業大学の中にある送り出し機関 LETCO

LETCOでの日本語教育については

技能実習生の面接をして合格した後は入国まで朝から晩までしっかり日本語の勉強をします。日本への入国前に日本語検定(N4)を取得することが出来ます。

質の高い教育をするには、何より教師の質が高くなくてはなりません。LETCOが目指しているのは、日本人さながらの発音ができ、日本人に近い心を持った教師の育成です。

教師たちは技能実習生が日本語を勉強しやすく、よく理解できるようにするために色んな方法を考えました。例えば、日本語という言葉は、ベトナム人にとって最も難しいといっても過言ではない外国語です。習得上で、表現の方法や感受性の違いなどを日本人を通じて観察させ、まずN5レベルの問題を通して日本語という言語を知り、N4で理解して使ってみるという順序で学習させています。授業中や自習時間も含め、学生同士の会話も日本語を使うよう指導。日本人の発音を繰り返し聞きながら正しい発音に近づけるよう練習しています。

LETCOでは勉強だけではなく学生の体力も大切だと考えています。日本で働く間に健康が一番大事なことなので毎日実習生に体操をさせています。

LETCOは日本の受け入れ企業と技能実習生から熱い信用を得ています。約4万人の学生がハノイ工業大学にいますので、卒業生や一般応募の方を含めて、皆様に良質な人材を安定的にご紹介させて頂いております。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

 

 

真面目な技能実習生

ある受け入れ企業様のところへ訪問するとそこで勤務している技能実習生の二人が塗装作業をしていました。みんな始めてペンキを使って作業をしていたのですが、綺麗に塗れていると受け入れ企業の社員さんたちが褒めてくれました。

実習生の二人の服にはペンキがたくさんついていました。受け入れ企業の社長が「ペンキがたくさんついたのは一生懸命働いてた証拠です。汚れたつなぎが勲章です。良い仕事をした証です。」と言いました。

実習生もいい経験出来て、汚れたつなぎを捨てずに記念にしますと言いました。受け入れ企業の社長、社員さんたちが実習生の努力を認めてくれていてとてもうれしいです。