CP社内でのサッカー試合

CP社は1年以上1年コースの技能実習生を受け入れて頂きます。社内では若い日本人と外国技能実習生達は仲良く働いています。ずっとコロナウィルスの影響で社内旅行とかスポー会等の交流イベントを行えませんでした。休憩の時物流センターの中でボールをやったり、海で魚を釣りしたりしました。

リーダーは仕事の効率の考えだけではなく、労働者の精神的な生活も考え、仕事のストレスの解放と日本人とベトナム人との人間関係が良くなる為、緊急事態宣言が解除された後社内のサッカー試合をやることになりました。

みんなはベトナムユニフォームを着て、楽しいサッカー試合を過ごし、いい思い出も出来、精神も回復できました。

この活動通じてベトナム技能実習生は日本人との会話が増えるし、相手の気持ちも分かるし、毎日仲がいい人間と働くと仕事の効率が高めると思います。または、技能実習生達にとては日本に来て短いけど「日本に来るのは楽しいです、間違いないです、」という気持ちを母国へ持って帰って欲しいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider