LETCO送り出し機関を紹介

インターナショナル協同組合は受け入れ企業にとって最適な人材を募集できるよう、多岐にわたる学部があり4万人の学生を教育しているハノイ工業大学の中にあるLETCOという送り出し機関と提携しております。LETCOを選ぶ理由は3つあります。
1.ハイクオリティな人材を継続的に供給できます。
LETCOはベトナムの労働輸出部門では国内外からの評価も高く、エンジニアや実習生を受け入れる企業にとって最適な人材をご紹介できます。ベトナムで一番大きなハノイ工業大学から人材を募集しますのでLETCOは受け入れ企業にハイクオリティな人材を継続的に紹介しております。
LETCOの紹介している人材はハノイ工業大学の短大・大学(3年・4年)を卒業した方を中心に紹介しています。ハノイ工業大学の学生はトヨタ、ホンダなどの整備工場でインターンシップを経験します。溶接や金属切削、自動車の知識以外、実技で得た技能も持っています。現在、LETCOは国内外の500社と取引関係があり、そちらの企業にハイクオリティな人材を紹介しております。

ハノイ工業大学(HANOI UNIVERSITY OF INDUSTRY)
LETCOの本社
溶接の実習をしています
整備工場でインターンシップをしています(ベトナムTOYOTA)
整備工場でインターンシップをしています
整備工場でインターンシップをしています
ハノイ工業大学の自動車学部の授業
ハノイ工業大学の実習工場
ハノイ工業大学の実習工場
ハノイ工業大学の教室
ハノイ工業大学の実習工場
ハノイ工業大学の実習工場
ハノイ工業大学の実習工場
ベトナムTOYOTA
ハノイ工業大学内で金属加工の実習風景
ハノイ工業大学の実習工場
ベトナムTOYOTA

2.厳しい日本語教育
LETCOの教育プログラムは軍隊の教育パターンに基づいて厳しいルールで実習生を管理しています。実習生は毎日軍隊のような厳格なルールを通して勉強しています。実習生はLETCOの教育センターで寮生活をし、スケジュール管理が徹底されています。また、週末以外携帯電話の使用が出来ないルールになっているので、日本語の勉強に集中できます。日本語の他、体力、マナー、日本語教育センターのルールも教わっています。ルールを守れない実習生は警告の後に退学してもらいます。

LETCOの日本語授業
寝室チェックシフト
24時間カメラで管理しております
朝の体操

3.規則正しい生活を行い日本での仕事に備えます。
毎日早朝から起きて、まずは清掃を行います。その後は、体操を行い、朝食を食べて日本語を勉強するというパターンを毎日繰り返します、出国時まで実習生は仕事の時間に合わせて日本語の勉強を行い規則正しい生活をすることで、日本での生活に早く適応できます。
整理整頓を徹底的に体に染み込ませ実習生の習慣にします。実習生に些細な事や生活リズムまでを徹底的に管理指導することで、日本でも早く職場環境になれ、生活を自分で管理できるようになります。

整理された下駄箱
コップや石鹸の置き方、洗剤の使い方まで管理します
寝室は常にきれいにされています

現在LETCOはベトナムの54省から人材を募集しています。ベトナムの送り出し機関の中でも最も多い送り出し者数と質の高い人材を世界に輩出することで受け入れ企業から高い信頼を得ております。毎年、日本、韓国、台湾、UAEに2000人の労働者を送り出しており、外国で働いている労働者数約1万人を管理しております。
上記の理由によりLETCOが受け入れ企業に最適な人材を確保出来ると考えております。