外国人自動車整備技能実習評価試験

神戸の自動車整備会社のメンバーが外国人自動車整備技能実習評価試験を受けました。

外国人自動車整備技能実習評価試験とは技能実習生1号から2号になるために必ず受けないといけない試験です。

試験は学科試験と実技試験があります。

試験対応については毎週2回の勉強を行いました。

たまたまベトナムで2年ぐらい日本語教師として働いていたスタッフがいらっしゃって技能実習生に試験内容を教えてくれました。

試験を受ける前は、会社の方も実習生たちも緊張していました。不合格なら再試験を受けて、それでもダメなら帰国しなければならないからです。

みんなはよく頑張って、努力しましたので全員が合格しました。

試験が終わった後、すぐに結果を教えて貰えたのでほっとしました。

これから技能実習生2号になって日本であと2年間働き続けます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

自動車整備実技試験対応

そろそろ自動車整備技能実習評価試験の日が近づいてきました。この試験は筆記試験のみならず実技試験もあります。実技試験は問題が公開されていますので、受け入れ企業様の社員さんが仕事を終わってから技能実習生に教えて練習をさせています。

せっかく日本へ来て働いてくれているので、絶対に合格するために当組合と受け入れ企業様が実習生のため常に協力しております。現在一週間に2回勉強会を行っております。筆記試験についてはゆっくりと説明して、文章の意味も教えています。実技問題については公開されてる問題に従って詳しく教えて練習をさせています。実習生が分からない、出来ていない部分があれば何回も説明をして、練習して貰います。

技能実習生は試験の大切さを分かっていますので、試験に受かるため必死に努力をしています。

引き続き当組合もサポートしていきたいと思います。

 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

技能実習試験対応

技能実習生1号から2号になるため技能実習試験を合格しなければいけません。

試験は筆記試験と実技試験があります。合格基準は筆記試験と実技試験それぞれ6割以上で合格です。もし不合格だった場合には、もう一度試験を受けることが出来ます。試験の結果が合格の場合、技能実習2号になって2年間のビザを延長すること出来ます。再試験が不合格になった場合は帰国しなければいけません。

実習生の方たちも試験が大切なことはよくわかっていますので、全員に合格してもらうため現在必死に勉強をしています。

ある施設園芸の受け入れ企業様では、過去に教員を目指していた社長様が自ら技能実習生に農業技能評価試験(技能実習試験)を教えていました。さすが、教員を目指していたこともあり社長様の教え方がとても上手で、技能実習生の方たちはとてもよく理解をすることが出来ました。

また、自動車整備の受け入れ企業様では、過去にベトナムで日本語の先生として教えていたことがあるスタッフが自動車整備試験(技能実習試験)を受ける技能実習生の方たちに教えていました。こちらも、先生の教え方が上手で技能実習生たちは早く覚えれました。

技能実習生のみんなは大変よく頑張ってくれています。

試験は6月にあります。全員合格するように引き続きサポートしていきます。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider